2014年03月14日

良いタクシー、悪いタクシー

image.jpg

毎度、タクシーネタですが。

ONE-O-SIXの帰りにタクシーを拾おうとしたら、近いからか、荷物が多いからか、露骨に嫌そうな態度をされた。
鬱陶しいので、もうええわ、と言ってこっちから拒否して次の車を止めて乗り込んだ。

運転手「前のタクシー、どうかしたんですか?」
僕(ローズ)「なんか乗せるの嫌そうやったからムカついて」
運「あー、この時間そういうの多いですよ」

そこからタクシーのサービスについて語る。

ロ「こないだも、すっごい態度の悪いタクシー会社がありましてね」
運「はぁ」
ロ「運転が荒くて、すぐクラクション鳴らすし、めっちゃ感じ悪かったんですよ。
あまりにヒドイのでツイッターで会社名出して、二度と乗るか!さっさと潰れろ!って書いたんですよ。えーと、なんてとこだったかな」

そう、先月も最悪な運転手に当たり、僕はタクシー会社にクレームの電話を入れ、ツイッターでも悪評を流してやったのだった。
それは「G.T」という会社で、二度と乗るまいと決めたのであった。

運「へぇ、そんな態度の悪いのもおるんですな。そんなんしたら結局お客さん逃がすことになるって分からんのですかねぇ」
ロ「でしょ。タクシーもホテルみたいに星付けてランク分けしたらいいと思うんですよ」

などと話しながら、家に到着。

運「ありがとうございました」
ロ「こちらこそ、また使わせてもらいますね。領収書ください」

荷物を降ろすのまで手伝ってくれて、ほんと玉石混交だなぁと。

で、家に入って領収書を見ると・・・。
・・・「G.T」って書いてありました(笑)

会社だけで判断しちゃいかんね。個人の問題やね。
あの時、会社名思い出せなくて良かった、、、




posted by マジシャンローズ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2014年02月08日

VOW!な感じの看板が怖すぎる件。

なにも言うまい。

20140207-1.jpg

20140207-2.jpg
posted by マジシャンローズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2014年01月30日

伝説の『スーパー玉出』事件!

20140130.jpg

大阪を代表する激安スーパー『玉出』。
知らない人はパチンコ屋かと見まがうほどのド派手なネオンが目を惹く。
安いうえに24時間営業なので、我々のような夜型人間にはとても助かる。


そんな玉出に関するエピソードをひとつ。

知人の女性Yさん(当時20代)は、美人だが妙なトラブルや事件に巻き込まれやすい。
歩いてるだけで酔っぱらいに絡まれたり、工事現場の穴に落ちたり、毎日がサバイバルみたいな人である。

ある夜、Yさんがバイトの帰りに自転車に乗っていると、後ろから
「助けてくれ〜!」
と叫びながら走ってくる男の声が。

振り返ってみると、ギョッ!なんと全裸!
一糸纏わぬ生まれたまんまである。
全部放り出しているのである。

その男は近付くなり、Yさんの自転車をつかみ、もう片方の手では隠すべきところを隠し、「たすけて、たすけて」と連呼する。

20代の乙女にとって、深夜に全裸の男が叫びながら走り寄ってきて、ガシッと掴まれるなど、どれほどの恐怖か。いや40のオッサンでも怖いよ。

パニックに陥りそうになりながらも話を聞いてみると、友人たちと飲んで酔って寝ていたら身ぐるみ剥がされて、気付いたら全裸だったと。このままでは困るから毛布か何か持っていないか、という。変態ではなかったようだ。

そんな都合のよい持ち合わせなどあるはずもないが、親切なYさんは、タオルかハンカチでもあればとカバンの中を探したがあいにく見つからず。

紙でも布切れでも何か隠すものをと必死に探し、ふと手に触れた物体。
「こ、これを・・・!」

と差し出したのは、運命のイタズラか、笑いの神の出来心か、『スーパー玉出』のレジ袋!

20140130-2.jpg

いや、だから、さっきから出しっぱなしなんだってば。
隠したいのにわざわざアピールしろと?

でも今はそんな厚さ数ミクロンの薄膜が彼の尊厳を左右する切羽詰まった状況である。

「ありがとう!」
男はレジ袋をひったくるようにして受け取り、夜の闇へと消えていったそうだ。


女性の皆さん、外出するときには玉出のレジ袋を忘れずに!

20140130.jpg




posted by マジシャンローズ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2014年01月25日

美しき百合の乙女たち

20140125.jpg

信号待ちの向かいに、20代の女の子が二人。どっちもすごくカワイイ顔してたんだけど、仲良く手を繋いでる。女の子同士はそれもありだなぁ、とか思ってたら、なんと片方の子が相手にいきなりチューをしたのだ!
路上で女の子二人がキスですよ!
ななっ、オジさんも仲間に入れ・・・いや、ビックリするでしょ普通。
しかも、こっちを向いてニヤリと笑ったのだ。どういう意味なんだ。
こういうのを「百合」って言うんかな。なんか美しかった。
ちなみに僕は「薔薇」やけど。
posted by マジシャンローズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2014年01月09日

やしきたかじん、忘れません

m94-0567-131217.jpg

やしきたかじんさんの訃報に、大阪の街は涙雨に濡れた。
露出の少ない関東とは温度差があるだろうけど、関西人にとっては特別な存在だった。
大阪の灯がひとつ消えたと思った。

僕はとくにファンだとかCDを買っていたわけでもなく、週に一回「そこまで言って委員会」を観るぐらいだったけど、それでも追悼で繰り返し流れる熱唱と関係者のコメントを聞く度にこみ上げるものがあり、涙で潤んでしまった。

自分でも芸能人相手にこんなに悲しみの感情が湧くとは思ってなかったのでちょっと驚いている。
別に面識があったわけでも直接世話になったわけでもない。ただの一般視聴者にすぎないのだけど。

それでも、明日からはたかじんのいないテレビ、たかじんのいない大阪なんだと思うと、何かがスッポリ抜けたような言いようのない喪失感がある。

なんなんだろうなぁ。やっぱり人間としての魅力。
テレビでしか人となりは知らないけれど、歯に衣着せぬ物言い、噺家顔負けのオモロイ喋り、豪放磊落な武勇伝の数々。普段のガナリからは想像もできない澄んだ歌声。
いつも本音で生きているのが伝わってきた。

あのように生きたいと思うけれど、なかなか真似のできない生き様。
みな、そこに憧れていたんだと思う。



同時に、将来性のある人材を見出しては世に送り出したり、苦境に陥っているタレントの再出発を手助けしたり、とにかく面倒見が良かったようだ。
他人に与え続けた人なんだなぁと改めて思う。

表面的には立派な知識人ぶったり紳士ヅラしている人っていっぱいいるじゃない?
それに比べればたかじんは”悪童”と言ってもいい。酒・タバコ・女・夜遊び、暴れまくり。

でも他人に対して、その人の人生に影響を与えるほど本気で濃く付き合ってた。
だから療養中でも番組スタッフは「やしきたかじん様」と書いた控え室をちゃんと用意して、電気も点けて、弁当まで差し入れて、帰りを待ち続けてくれたんだろうな。本気で慕われてたんだろうな。

人としてどう生きるべきか、教えられるような気がする。

もちろん自分と接点があり得るはずもないが、一度でいいから飲みに連れ回されて、説教食らってみたかったなぁと思う。

たかじん、あなたは大阪の永久欠番です。
「やっぱ好きやねん、あんたよう忘れられん」です。
posted by マジシャンローズ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2014年01月01日

きんがしんねん!

image.jpg

あけましておめでとうございます!

みなさん早起きですね♪
「朝まで生テレビ」見てたら
昼までまどろんでしまいました。しかもコタツで!

元日だって朝食はいつも通り♪
「イチロー式」ですね。
今日は一歩も外へ出ない覚悟です。

さ、紅白見ながら年賀状でも書くとしよう♪
posted by マジシャンローズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年07月30日

落とす人あれば拾う神あり

20130731-1.jpg

20130731-2.jpg

財布を落としたんです。

ズボンの後ろポケットに入れて自転車に乗ってて、マクドナルドでお金払おうとしたら、無かった。

来た道を引き返して捜したけど見つからず。
すぐさま銀行にだけは電話してカードは止めてもらった。

交番に行って遺失物の届けをし、落し物の照会をしてもらったところ・・・。
なんと、拾ってくれた方がいたそうで、しかもたまたまこの交番に届けられていたらしく、すぐ渡せるとのこと。

こんなラッキーなことってあるだろうか!?
丸々返ってきたんですよ、中身もちゃんと残ったまま。
日本は素晴らしい国ですよ!

で翌日、拾ってくれた方に謝礼を渡しに行きました。
小さな設計事務所を一人でされている60歳ぐらいの男性でした。

封筒に「薄謝」と書いて少しばかりの気持ちだったのですが、「それはけっこうです」とついに受け取ろうとされませんでした。

ただ「もし逆の立場になった時は同じようにしてあげてほしい、そのことだけ直接伝えたかったんです。お互い様ですからね」と言うのです。

もう涙が出そうになりました。

財布が戻ってきたことではなく、こんな人がこの社会に居てくれることに。
自分のこれからすべきことは、ただ感謝するだけでなく、この人のようになることだと思った。
善い振る舞いを他人にもしてあげることだと感じた。

手土産の羊羹だけはなんとか受け取ってもらって、少し話をした。

失礼ながら、古い雑居ビルの一室で、あまり繁盛してるようには見えず、健康も思わしくないそうで、恵まれてるとは言い難い状況に見えた。

でも「失くしたら困るだろうから」と暑い中、時間を割いて届けてくださったのだ。
こういう人にこそ幸あってほしいと切に願う。

世間では「勝ち組」とか「成功者」とかをもてはやして、派手で華やかな振る舞いをとかく煽る。
でも本当に住み良い正しい社会を支えているのはこういう真面目で地道な人達なんじゃないのかねぇ。

結局、僕は何ひとつ失うことなく、ただ素晴らしい人に出会い、尊い精神に触れることができた。
マイナスどころか貴重な経験をさせてもらった。

ニュース報道などを見ていると気の滅入るような話題ばかりだが、実はこの世界には素晴らしい人たちがたくさんいて、思ったよりも善意に満ちているんだなぁと気付かされた。

そして自分もそういう精神の仲間に連なりたいと願うのでありました。
posted by マジシャンローズ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年06月05日

縁の数だけ苦しみもまた・・・。

579-1.jpg

NHK番組「縁切り神社」見た。

京都祇園の近く、離婚や恋愛、煩わしい人間関係を断ち切りたい人が、思い詰めた表情で縁切りの願掛けに訪れる。
掛けられた絵馬には恨みつらみ呪詛の言葉が並ぶ。

「別れたい」「破滅しろ」「死んでほしい」

重くて暗いドロドロとした負の感情の渦だ。
でも彼らが真に望むのは、悪縁を断ち切って新しい一歩を踏み出すこと。

現代って、携帯やSNSの普及で良くも悪くも「切れない」時代になった気がする。学生時代の友人と再会したり、会社の上司、元カノや元カレの名前がふいにリストに現れたり。
やたらと「人との繋がり」が大切だと声高に言われる一方で、切実な思いで縁切りに参る人が絶えない。この矛盾こそが人間社会の実相。
こういう摩訶不思議なところが僕には興味深いのだけど。

「断捨離」なんて言葉が流行っているが、いま現代人には「決別する勇気」が必要なのかもしれないな。捨てるのは過去の自分。
ついなんでもかんでも「取っておく」時代だ。写真を残し、名刺を残し、携帯アドレスを残し、想い出を残す。

それはそれでいいのだけれど、それに縛られて前に進めないとしたら。
今、自分にある肩書きも人間関係もキャリアも何もかもを捨て去ったら、もしかしたら本当の自由が手に入れられるかも?

さすがにそこまではムリでも、少しは整理してサッパリ身軽になることも必要かな、と考えたりします。
posted by マジシャンローズ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年05月25日

そうか僕は「失顔症」だったのか・・・!

578-1.jpg

「顔を覚えられない」。ブラッド・ピットが失顔症を激白


という記事を見て、衝撃を受けた。
これって、そんな名前の付いた病症なんや。
まるっきり僕と同じじゃないか・・・。

このブログでも何度となく「人の顔が覚えられない」と書いてきた。

→参照過去記事:
まるで映画「メメント」並の記憶力 2011/2/21
顔認識機能ガ 搭載サレテイマセン 2010/5/6 ← とくにこれ読んでほしい
ワンダーカーニバル観てきました 2008/4/15



こちらのサイト(All About「人の顔が覚えられない……相貌失認の症状・対処法」)に書いてあった症状リストによると、

・テレビや映画を鑑賞中、登場人物のスジがつながらない
・ついさっき会ったばかりの相手でも、場所が変わると、先ほどの人だとわからなくなってしまう
・相手を顔ではなく、主に、声や歩き方、鼻の大きさなど特徴ある顔のパーツ、服装などで判別してしまう


まさにこれやがな!
僕の症状ぜんぶ当てはまる。
薄々、ちょっと普通のレベルじゃないんじゃないかと思ってはいたが、病気とまでは言えないにせよ、それに近いものだったとは。

ほんとに覚えられないんですよ。
というかそもそも人の区別がつきにくい。

うーん、社会生活上とても困るわけだが、病院に行って薬をもらうようなものでもないみたいだし、どうしようもないなぁ。
でもこういう症例があるんだと知って、なんだかラクになりました。

あ、ちなみに残念ながらブラッド・ピットと自分の顔がぜんぜん違うことはちゃんと分かっております・・・。
posted by マジシャンローズ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年04月27日

求めよ、さらば与えられん!

576-1.jpg

「求めよ、さらば与えられん」
という聖書の言葉はどうやら本当らしい。

先日、借りたいDVDがあったので近所のTSUTAYAに寄った。
しかし何度来てもいつもレンタル中なので、あまり期待はせずに陳列棚を覗いてみたところ、全部で1〜9巻まである内の4巻だけが残っていた。

一応、全話観たことはある作品なので、(まぁ4巻だけでもいいか)と思い借りることに。

次の日、たまたま別のTSUTAYAの近くを通りがかった。
その時ふと、ヒラメキにも似た直感で、なぜか覗かなきゃいけないような気がした。

すると、なんと!
あろうことか4巻だけが抜けていて、それ以外の1〜9巻すべてが1本ずつ残っていたのである!

「こ、これが運命石の扉の選択なのか・・・!」(※無視してください)

神様は僕たちの望んでいることを叶えようとしてくれているのだと、改めて気付かされましたね。

これからは自分の欲するものをきちんと表明することにしよう。
そうすれば、望むものはきっと手に入るのだ。

とりあえず

お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいし女ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい
お金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしいお金ほしい

・・・こんなもんでええか。

(Let's 欲望の間違い探しゲーム♪)

posted by マジシャンローズ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年03月31日

落し物天国、日本。

569-1.jpg

あろうことか、自転車の前カゴにポーチを置き忘れたまま去り、電車に乗ってしまった。

中身はマジックに使う特殊なコインや入手困難なトランプなど、一般の人にとってはどうでもいいガラクタだが、我々にとっては数千円から場合によっては万の単位になってしまうほど価値のある商売道具だ。

果たして、帰りに見てみると・・・ちゃんとあった。
あー、よかった。さすが日本である。

こんなこともあった。

昨年の「ローズ&ランディ アメージングマジックショー2」でのムービー撮影の際のこと。

大阪マルビル付近の路上でロケ撮影をしているところに、偶然、休日のローズが通りかかった、という設定のシーン。
僕がわざとらしく財布を落とし、それを見たランディが「あ、財布落とした!」と言って近寄ってくるという脚本だった。

ところが本番。
いざ財布を落とすと、周囲の人が気付き、親切にも「サイフが落ちましたよ」と声をかけてくる事態に。
休憩中のタクシー運転手、通行中のOL、サボってるサラリーマン、皆わざわざ呼び止めてくれる。その度に「すいません、実は今撮影中でして・・・」と状況を説明し、NGで何度も撮り直したのであった。



(ランディくんの迫真の演技をどうぞ笑)

日本人の正直さ、親切さ、モラルというものを強く感じたエピソードだった。
本来は当たり前のことかもしれないけど、当たり前にできてる国はそうそうないんじゃないだろうか。

厳しい世界情勢の中で、わが国は何かと自信を喪失してしまいがちだが、こういう些細な日常にこそ真の値打ちが表れる。

経済競争でGDPの順位を下げようとも、スポーツでメダルの数が減ろうとも(もちろんがんばってほしいけど)、数値では表せない国民の精神性や成熟度というものを考えたとき、日本のそれは誇るべき水準にあると思う。

もちろん油断や慢心に堕することなく堅持していかなければならないと同時に、そのモラルや美徳を強みに変えて、今こそ世界に向けて先進国家としての輝きを取り戻すべき時なのである。

さぁ、国民よ、立て! 立ち上がるのだ!
ジーク、ニホン! ジーク、ニホン!!

・・・要するに忘れ物をした僕がオッチョコチョイということですね、ハイ。気を付けます。
posted by マジシャンローズ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年02月21日

プロ意識の低い人たち

561-1.jpg

「職業に貴賎なし」
その通りだと思う。肝心なのは仕事に取り組む姿勢、これこそが職業人としての値打ちを決める。
僕はなんの職業であれ、プロ意識の低い働き方をするヤツが嫌いである。

今日もそんなタクシーに出くわした。

マジック道具などが大荷物の場合、トランクを開けてもらうわけだが、その際、タクシーの私物などがいっぱいでスペースがない時がある。

僕的にはもうその時点でアウト。プロ失格。
いつ何どき求められてもいいように空けておくのが当然の姿勢。

一度、釣り道具一式が入っていて絶句したことがある。
公私混同していていい仕事ができるはずがない。

で、今日のタクシー。
トランクを開けると何やら紙袋などがたくさん無造作に置いてあったが、こっちは25kgあるスーツケースを乗せたいのでどけてもらった。それらは助手席へ移された。

案の定、運転手は愛想が悪く、こっちが言ったことに返事もしない。仕事に対する意識の低さが見て取れる。


そして家に到着。
着くや否や、トランクの荷物降ろしを手伝うどころか、真っ先に助手席の紙袋を取り出して、僕が荷物を出すのと入れ替えに元に戻そうとする。

さすがに僕も黙っていられなくなって、

「あのなぁ!お客さんの荷物が先ちゃうんかい! 自分のことは後回しやろ!!」

とブチ切れた。

それに対する運転手の反応は「へ?」というものだった。
何が問題とされているのかまるで理解していない。救いようがない。

何もものすごく高いレベルのことを要求しているわけではないのだ。
客商売として当たり前のことをちゃんと満たして欲しいだけなのだ。

タクシーに限った話ではない。飲食店でも販売でもコンビニでも同じだ。ぞんざいな働きの人がたまにいる。僕は言いたい。

自分の仕事でしょ?
生活の大半を過ごす、大切なことでしょ?
いい加減な仕事をするってのは、人生をいい加減に生きるってことだよ。
もっと誇りを持って本気でやろうよ。
それができないならその仕事は辞めな。
本人にとっても社会にとってもマイナスだ。

いい仕事なんかないよ。
いい働きがあるだけだよ。

それがあなたの仕事なんです、あなたの生きる道なんです。
posted by マジシャンローズ at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2012年11月09日

生存報告

540-1.jpg

深夜になると、石仮面をかぶりたくなってしまうローズです。

最近、ブログの放置っぷりがひどいのですが、原因はひとつにはこれと言ったネタがないこと、それからちょっとしたことはフェイスブックに投稿するようになったこと、あと僧侶をはやくLv50に育てようと・・・あ、いや、それはどうでもいいんですが。

とにかく、あまり放置し過ぎると画面が広告に占領されそうなのでとりあえず何か書いときます。(アメブロ版)

もう少ししたらマジックに関するお知らせもできると思いますので、懲りずに覗きに来てくださいね〜♪

posted by マジシャンローズ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2012年10月17日

紅茶のおいしい季節だよ♪

538-1.jpg

打ち合わせで、いつもの紅茶のお店。ここのビーフシチューが格別で、よく一人でも来る。
紅茶も料理もおいしいのだが、今日は店員さんの仕事ぶりに感激した。

セットメニューのホットの紅茶を運んできた後、彼女はこう言った。
「今日は氷はよろしいですか?」

実は先月一人で来た際、まだちょっと暑かったので、
「セイロンティーのホットと、別にグラスに氷をもらえますか」
と注文をしたのだった。これならホットだけでなく好きに氷を入れてアイスも楽しめる。
ワガママで贅沢な飲み方だ。

この店員さんはそれを覚えていて、僕の顔を覚えていて、気を利かせて訊いてくれたのだ。

なんたるプロフェッショナル!なんたるサービス精神!惚れてまうがな♪

これが真の接客というものですよ。
いやぁ、「ロンドンティールーム堂島店」ええ仕事しまんなぁ♪

・・・まぁ、記憶に残るぐらい、よっぽど面倒クサイ客やったんやろな。

posted by マジシャンローズ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2012年01月14日

のんびりいきましょう。

490-1.jpg

もう350日ほど寝るとお正月〜♪

新年のすこやかな気持ちを、早くも忘れちまったのかい?
お正月気分が抜けた今こそ、正月の話題に限るのだ。

年々、年賀状の枚数が減ってまいりました。
これも時代の流れでしょうか、筆ペンを持つのが一年に一回の儀式となりつつあります。
それにしても、こんなのでちゃんと届くんですね。

この年末年始は、コタツでみかん食べながら紅白歌合戦を観て、除夜の鐘を撞きに行くという、「正統派」な過ごし方をしました。
やっぱり日本人はこうでなくちゃ。

さぁ、録画しておいた「ゆく年くる年」を今から観るぞ〜♪
posted by マジシャンローズ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年12月04日

メタルスライムがあらわれた!

481-1.jpg

481-2.jpg

東の女勇者あゆっちさん(Lv37)から、なにやらアイテムがルーラで送られてきた。

宝箱の中身は、どうやら会心の一撃で仕留めたメタルスライムのようだ。
ギロッポン城の近くにあるヒルズの塔でドラクエ展というのをやっているらしい。その戦利品だそうだ。

最近、全国のファミマの店にスライム肉まんとかいう新手のモンスターが出没しているという噂も聞く。
これは遊び人から魔法使いに転職してそろそろ板についてきた僕としても、見過ごすわけにはいかない。

ちなみにあゆっちさんは特に週末になるとテンションが3段階上がると言っていた。ザギンの町あたりでレベル上げにいそしんでいるとかいないとか。

次作品では遠く離れた勇者達とパーティーを組んで冒険できるらしい。これなら遥かチバ地方のイチカワ村に住むあゆっちさんと一緒にスライム狩りが楽しめるというわけだ。

いやー、楽しみ楽しみ♪

子供たち諸君、我われのようなこういう立派な大人になるんだよ。
posted by マジシャンローズ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年10月17日

分かっちゃいるけど・・・

465-1.jpg

ええこと書いてある。
なかなか実践は難しいけどね。

posted by マジシャンローズ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年10月04日

信頼のブランドです

463-1.jpg

なにかの景品でもらった商品(ペンライト)に付属していた単四電池。
「PemesaniG」?
明らかにPanasonicのパクリだよね?

普通の電池より軽くて、なんだかスカスカな感じがする。しかも簡単にヘコんだ。

おそろしい!
絶対爆発する!

というわけですぐに捨てました。

こんな信用のできない品が流通している以上、自分の身は自分で守らないとね。

posted by マジシャンローズ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年09月30日

今が旬!

461-1.jpg

自転車に乗ろうとしたら、サドルにシールが貼られていた。

「今が旬」

そうか、俺は今が旬なのか。
これがピークなのか。

そう思うとなんだか泣けてきますな。
がんばろっと。

posted by マジシャンローズ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年08月06日

マジック界に咲く一輪のガガ

447-1.jpg

あまりの暑さに、頭がヘンになることもあるんだそうでへぇそんなことあるんですね、気をつけないと。

posted by マジシャンローズ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感