2014年01月30日

伝説の『スーパー玉出』事件!

20140130.jpg

大阪を代表する激安スーパー『玉出』。
知らない人はパチンコ屋かと見まがうほどのド派手なネオンが目を惹く。
安いうえに24時間営業なので、我々のような夜型人間にはとても助かる。


そんな玉出に関するエピソードをひとつ。

知人の女性Yさん(当時20代)は、美人だが妙なトラブルや事件に巻き込まれやすい。
歩いてるだけで酔っぱらいに絡まれたり、工事現場の穴に落ちたり、毎日がサバイバルみたいな人である。

ある夜、Yさんがバイトの帰りに自転車に乗っていると、後ろから
「助けてくれ〜!」
と叫びながら走ってくる男の声が。

振り返ってみると、ギョッ!なんと全裸!
一糸纏わぬ生まれたまんまである。
全部放り出しているのである。

その男は近付くなり、Yさんの自転車をつかみ、もう片方の手では隠すべきところを隠し、「たすけて、たすけて」と連呼する。

20代の乙女にとって、深夜に全裸の男が叫びながら走り寄ってきて、ガシッと掴まれるなど、どれほどの恐怖か。いや40のオッサンでも怖いよ。

パニックに陥りそうになりながらも話を聞いてみると、友人たちと飲んで酔って寝ていたら身ぐるみ剥がされて、気付いたら全裸だったと。このままでは困るから毛布か何か持っていないか、という。変態ではなかったようだ。

そんな都合のよい持ち合わせなどあるはずもないが、親切なYさんは、タオルかハンカチでもあればとカバンの中を探したがあいにく見つからず。

紙でも布切れでも何か隠すものをと必死に探し、ふと手に触れた物体。
「こ、これを・・・!」

と差し出したのは、運命のイタズラか、笑いの神の出来心か、『スーパー玉出』のレジ袋!

20140130-2.jpg

いや、だから、さっきから出しっぱなしなんだってば。
隠したいのにわざわざアピールしろと?

でも今はそんな厚さ数ミクロンの薄膜が彼の尊厳を左右する切羽詰まった状況である。

「ありがとう!」
男はレジ袋をひったくるようにして受け取り、夜の闇へと消えていったそうだ。


女性の皆さん、外出するときには玉出のレジ袋を忘れずに!

20140130.jpg




posted by マジシャンローズ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86396275

この記事へのトラックバック