2011年05月25日

よっ!マジック界の革命児、セロ!

435-1.jpg

ゴールデンタイムに久々のセロ登場。実に2年ぶりの特番だそうで。

今回は中国を訪問して道行く人にストリートマジックを見せたり、スゴ技のパフォーマーをスタジオに呼んでコラボしたりと、「日中ふれあい」を前面に出した内容だった。

いつもよりマジックは少なめで、強烈なインパクトのあるネタもそれほどなかったので、中には物足りないと感じたり、「ネタ切れか?」「パワーダウン」などと思った視聴者もいるかもしれない。

でも僕はそうは思わない。
むしろ「セロ」というブランドがそれだけ確立されている証だと感じた。

セロはもう、名前を売るためにドギツいマジックを見せて世間を驚嘆させる必要がないのだ。
それよりもセロ自身の人間味やキャラを存分に出して、より多くのファンを獲得する、そんな段階にあるのだろう。

実際、番組でも程よくリラックスしていて、彼のお茶目でフレンドリーな性格がよく出ていた。
いや、ちょっと出すぎで、ところどころエロオヤジと化していたぞ。

何かとボディタッチは多いわ、いきなり井上和香のバストは測るわ、首の後ろから息吹きかけるわ、オヤジギャグ言ってスベるわ、

「なんかセロ、変わったなぁ?」

というぐらい気さくなオッサンになりつつあると思ったのは僕だけ?

「本当は日本語ペラペラ疑惑」もだいぶ解禁されて、『百聞は一見にしかず』とかサラリと言ってたし。

でもやっぱりセロはカッコイイなぁ♪
僕の中では「抱かれたいマジシャンNo.1」ですよ。

まぁ、前髪を赤に染めるのだけはどうかと思いますけどね。
posted by マジシャンローズ at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年05月22日

児玉さん、ラストコール!

434-1.jpg

児玉清さんを偲んで、アタック25では追悼特番をしていた。

子供のころから日曜お昼といえば欠かせない「パッパヤパヤ、パッパパヤ〜♪」のテーマ曲。
あらためて番組の歴史を振り返って、児玉さんの人となりを再発見し、ちょっと今、胸が熱いです。

気品があって、博学で、勉強家で、真面目で、意外と気さくで、ダンディで、多彩で。

本当に素敵な人だったと思う。
なんかこんなすばらしい人がいてくれたというだけで、それだけで僕はうれしい。

何千回と繰り返された「アタックチャンス!」ももう聞けないと思うと寂しいですね。

でもこれ、すごくいい言葉だなぁ。チャンスに、アタックせよ、か。

これから、人生で道に迷ったり困難に出会ったりしたら、記憶の中の児玉さんを呼び出して、「アタックチャンス!」って言ってもらうようにしようと思います。

posted by マジシャンローズ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年05月16日

コウノトリ渋滞ロード

433-1.jpg

朝5:30起きで兵庫県の豊岡へ。北野大地くんとリチャードシブヤさんと、パーティーの仕事だった。

自分で言うのもなんだが、このメンバーならどんな現場でも大盛況まちがいなしの超強力トリオだぜ。

クライアントさんからコウノトリ団子?みたいなお土産までいただいて、気分良く帰路へ。

そこへちょうど友人からビリヤードの誘いの連絡があり、順調にいけば夕方には合流できるはずだった。

ところが、だ。
宝塚トンネルでトレーラー含む4台の玉突き事故が発生。
渋滞なんと17キロ!
ドンピシャで巻き込まれてしまったのである。

1時間ノロノロ進んでたったの2キロ前進。

ああ、こりゃダメだ。
帰って玉突き遊びをするはずだったのに、よりによって玉突き事故の影響をかぶることになろうとは。

トイレ行きたい。
お腹すいた。

お土産のコウノトリ団子でなんとか空腹を凌ぎ、ツイッターで事故処理の進捗情報を集め、どうするべきか考える。
先は長い。こういう時、なるべくケータイのバッテリーは大切にしなければ。

インターチェンジが近づいてきた。
このままノロノロ高速を行くのか、降りて下道を廻り道するのか。
どちらを選んでも裏目に出るかもしれない。

「あと800メートルで決めなあきませんよ〜」

他の車も迷っているのだろう、左にそれたかと思えば右に戻る人もある。

今こそ情報力、判断力、忍耐力を総動員だ。

ええい、我々の判断は左!
降りて有馬越えルートをチョイス。天城越えちゃうで。

果たして、その後はなんとか順調に道なりを行き、3時間遅れで無事に帰り着くことができた。
はぁ〜疲れた。

それにしてもシブヤさん、iPhoneでひたすら「ダウンタウンのガキの使い」を見て笑い、あっさり充電が0%になってましたね。

どんな状況でも生きていけますよ、この方は・・・。
posted by マジシャンローズ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年05月13日

トランプマシュマロ

432-1.jpg

これ、なんだと思います? カエルの卵?

トランプ柄がプリントされたマシュマロなんです。タイトルに書いてますが。
マジックというより「不思議の国のアリス」の世界観ですね。

そういえば、3/14のホワイトデーにはマシュマロをお返しするのが基本だとずっと思い込んできたのですが、つい最近になって、
「マシュマロは"ノー"の返事の意味よ」という新説を聞いて驚いているのですが、どうなんでしょ?

地域や年代によって解釈に違いがあるんでしょうか。
こういうのは統一してくれないと困りますよねぇ〜。

エライ目に遭いますよ。
posted by マジシャンローズ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年05月11日

欽ちゃんの仮装大ショー!

431-1.jpg

「欽ちゃんの仮装大賞」が昔から好きで、よく見てる。
つい先日も放送があったのだが、今回はけっこうレベルが高かった。

最近の傾向として、マジック的な手法を取り入れた作品が目立ってきた気がする。
今回も、透明人間が重量挙げをしたり、モロにマジシャンの格好をして演技したり、マジックっぽいアプローチがちらほら見られた。
胴体を貫通して腹から人が抜け出てくるやつなんか、実際にあるイリュージョンそのままだし。

さらに驚いたことに、マギー審司さんはじめとするプロマジシャン達までもが登場。花やシルクなどのマジック道具を使って、総勢19人による心あたたまる演技を見せてくれた。

いや実はこの仮装大賞、マジックと通ずるものがあるなぁとは前々から感じていたのだ。

あっと驚く予想外の仕掛け、誰も思いつかないアイディア、ユーモアあふれる表現。
テレビでマジシャンがやっている、首がガクンと落ちるネタ。あれも元々はこの番組の優勝作品というのは有名な話。


観ていてつくづく思うのは、構成と演出の大切さだ。
アイディアのおもしろい作品はたくさんある。ところが惜しいことに、それを活かす演出が足りなくてあと一歩なものも多い。

そこで音楽を入れたらいいのに。
もう1回繰り返してから次のパターンに移ればいいのに。
最後の部分を省けばもっと良くなるのに。

などと、舞台監督にでもなったつもりでテレビに向かってツッコんで楽しんでいる。

まぁ、出場者の多くは別に舞台の専門家ではないし、今や数少ない素人参加番組としてその素朴さが魅力なのだけれど、もし自分だったらあそこでこうしてこうするなぁ、とか考えてしまう。

いっそ出場してみようか、などと考えたことも1度や2度ではない。もちろん狙うは賞金100万円だ。
慎吾ちゃん、待っててね!

・・・これで予選落ちだったら二度と番組を語る資格はないな。
posted by マジシャンローズ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年05月07日

スランプ

430-1.jpg

ああ、もうダメだ。これ以上できない。所詮、俺はこの程度だったのだ。
といってもマジックの話ではない。

ブログが書けないんだー!!

書くネタもなければ意欲も湧かない。わが辞書からブログの文字が消えてしまったかのようだ。正直ここしばらく、すっかり忘れていた。

おお、ブログの神よ、もう一度われにパッションを与えたまえー!

思うに、iPhoneを持って、いつでもどこでも書類を作成できる最強のツールを手にしたはずだった。これでブログもたくさん更新できるぞ、と。だが実際は「なんでもできる」ことが逆に「何にもできない」結果になっている。

これにはひとつの教訓が含まれているな。
技術の進歩によって、われわれ現代人はある種の万能感を抱いているが、それは根拠のない空疎な錯覚にすぎないのである。
結局はこの肉体から生み出されるものがすべてなのである。

何を書いているか分からなくなってきた。

ともかく先生、どうせ私はドジでノロマな亀です。

ブログ開設から丸4年、時代は変わった。
ミクシィやツイッターなどという、より即時性の高いメディアの台頭に、ブログのあり方は曲がり角を迎えているのかもしれない。

ブログが滅ぶのか。ツイッターがコケるのか。
そのどちらでもない新しい未来か。

ありがちなメディア論になってきたが、そうこうしているうちに、もう少し書けそうな気がしてきた。

5年目もよろしくお付き合いください。
posted by マジシャンローズ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感