2011年03月30日

巨匠たちの競演

421-1.jpg

421-2.jpg

バーノンズバーに置いてあるバーテン女子専用のティッシュ箱。

そこに、寄せ書きよろしく皆が好き好きにイラストを描いた。
これがまぁ、マジシャンたちの意外な才能が発見されたのだ。

みんなうまいなぁ。
サミーヒオキさんは元プロのイラストレーターだから当然として、マジシャンたちのアーティスティックな一面が垣間見れる、貴重な作品集となりました。

はい、では500円から。
posted by マジシャンローズ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年03月29日

ハナタレ小僧のキッザニア

420-1.jpg

420-2.jpg

阪神甲子園にあるキッザニアというところへ行ってきた。
子供たちがリアルな職業体験をできる施設で、美容室や保険会社、救急車両や裁判所まであり、実在の企業50社以上が参入して箱庭みたいな街ができあがっている。
大人でも楽しめそうだが、仕事の現場に入れるのは子供だけ。

この日は天気も良く、花粉症がピーク。
とにかく鼻水が止まらなくて、10分と空けずにトイレで鼻をかんでいた。
もはやパッキンの壊れた蛇口のごとく、かんでもかんでもジャージャー流れ出てくる状態。

しかしこれから30分のステージショーをやらなければいけない。
最悪、ステージ上でこっそり鼻をかむことも考えてポケットティッシュを忍ばせた。

ところがですよ。
われながら、これがプロ意識ってやつなんでしょうかねー。
不思議なことに、本番が始まると同時にピタッ!と止まったのだ。
マシになったんじゃなくて、左穴も右穴も完全にスースーと息が通っている。まるで高原の澄んだ空気のようなすがすがしさ!

集中力という精神の力は、己の肉体をもコントロールできてしまうのか。
人間ってすごいねぇ。

それはそうと、ショーをしていると6歳ぐらいの女の子に「イケメン♪」と呼ばれた。

ハッハー、今はハナも垂れてないからね。レディのお気持ちはうれしいが、ちょっと歳が離れすぎてるかなぁ。
僕もあと10年若ければねぇ。

え?それでも犯罪やろって?

・・・いかん、またタレてきた。
posted by マジシャンローズ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年03月21日

もっとエコチャリを!

419-1.jpg

首都圏では、鉄道の混乱を尻目に自転車が大活躍したそうで。
自転車は便利です、細い道もなんのその。燃料も不要で、災害時にはうってつけですよね。

けれどここ大阪では近頃、路上駐輪の取締りがキビしくてキビしくて。
うっかりその辺に停めようものなら、すぐ「撤去します!」の黄色い警告タグが付けられてしまう。

確かに、緊急車両の妨げになったりするから、ある程度は取り締まりも必要でしょう。

だからと言って、これはやりすぎでしょ?
posted by マジシャンローズ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年03月19日

あまりにも大きすぎる・・・

418-1.jpg

未曾有の大災害から一週間が過ぎても、悲しい数字は増え続ける一方であり、さらには原発を巡る緊迫はピークのままだ。テレビは徐々に通常の番組編成に戻りつつあるが、何も終わってなんかいない。被災地の苦しみはこれからも続く。

この惨状に胸を痛めない日本人はいない。誰もがそれぞれに「自分に何ができるか」と自問している。節電だったり、募金だったり、献血だったり、買いだめをしないこと、正しい情報を持ちパニックに走らないこと、経済を停滞させないように普段どおりの生活をすること、等々。

「こんなときにこそ被災地に笑顔を」と言うのも分かるが、僕らエンタメの出番はまだずっと先の話だと思う。衣食足りて、はじめて娯楽だ。
そんな中で、衣食の足りない状況下でも礼節を忘れなかった現地の人々には頭が下がる。
寒いだろうと思う。温かいものが食べたいだろう、柔らかい布団で眠りたいだろう、もしそこにいるのが自分の家族だったとしたら!

もどかしさが募る。なんで一週間経って石油が届かないのか。医薬品は?食糧は?
あらためて電気・水道・通信といったインフラの重要性を思い知らされる。

「一日も早い復興を祈ってます」とか「願ってます」といった応援の言葉をよく見かけるけれど、今回ばかりは東北とか北関東とか、もはやそんな単位では受け止めきれない、想像を絶する大ダメージだと僕は感じている。一地方だけの受難ではなく、日本全体が向き合っている国難なのだと。

すでに首都圏では計画停電や生活品の不足などの影響が出ている。関西だって、もうすぐ宮城や福島の人たちが移住してくる。知らない土地で暮らすことになる人々を僕たちはうまく支援できるのか。他人事ではない。

東北の産業は壊滅的だ。それはやがてドミノ倒しのように日本全体の経済に波及するだろう。その時、雇用は?われわれの生活は?
どこか遠い土地の出来事ではなく、ほかならぬ我が祖国のピンチなのだ。

失われた人命、受けた被害の甚大さは筆舌に尽くしがたい。それでも日本には1億2000万もの人がいる。これだけの力があれば、100年に一度の国家的危機を乗り超えることも不可能ではないはずだと僕は信じる。
posted by マジシャンローズ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年03月08日

メイドカフェで萌え萌えの巻

417-1.jpg

「ローズ、今から日本橋おいでー。みんなでメイドカフェに行くから」

そんなメールに呼び出された日曜日の夕方。なぜにメイドカフェ??
HIROTOさん、如月ハイパーさん、叶音ちゃん、106のスタッフ山口君と南君というメンバーで、日本橋ツアーを敢行中だったらしい。なんのこっちゃ。

でも何を隠そう、一度行ってみたかったんですよ、メイド喫茶。

着いたところは昭和の匂いさえするあんまりイケてない喫茶店。
入店したのにいきなり「お帰りなさいませ」とメイドさん。おお、これやがな。

残念ながら店内は撮影禁止とのことで、萌え萌えなフンイキをお伝えすることができないのですが、まぁそこそこ可愛いメイド(失礼)が、アニメ声で飲み物に呪文をかけてくれたり、上手いとは言えないカラオケを歌ってくれたりするんです。それだけです。

そこにはキャバクラのようなセクシーさもなければ、ニューハーフショーみたいな煌びやかさもありません。

でも僕にはこのメイド喫茶の魅力がすぐ理解できました。
すなわち、すべてにおいてあまり洗練されていない、素人っぽさがいいんですよ。

ここに、僕は目からウロコが落ちる思いがしました。
というのも、僕らは普段、修練を積んだプロフェッショナルなものを見せようと気張るわけです。パフォーマーとして一流たれ、輝けと。もちろんそれは大事だけど、それは見る側にもある種の緊張とか敷居の高さとかを感じさせるんですね。

それに比べてこのメイド喫茶というのは、ふつうに隣に住んでそうな女の子が、これまた凡夫である僕たちをふつうに受け容れてくれる、やさしい空間なんですよ。新地のクラブのように、人を上から下までねめ回して値踏みするような冷たさとかがないんですよ。

なんだか「近く」感じられて、気負わなくていい、それが居心地いいんですよ、きっと。
・・・って、あれ? すでにハマッてるやんオレ。

この後は、通天閣あたりで串カツ食べて、カラオケへGO!
こんなに大人数なのに、財務大臣のHIROTOさん、ごちそうさまでした♪
posted by マジシャンローズ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2011年03月07日

超満員ベロニカ、感謝感涙。

416-1.jpg

416-2.jpg

「ベロニカマジックナイトVol.20」は、過去最高の90名を超える超満員御礼で無事終わりました。

想定外の大盛況に、立ち見でご覧いただくことになったり、テーブルマジックをゆっくりお見せすることができなかったり、至らぬ点もあったかと思いますが、4人のマジシャンによるハイレベルなショーを楽しんでいただけたと自負しております。

あと、ぜんぜん関係ないけどこの日3/4は「バウムクーヘンの日」だそうな。お客様からお土産いただきまして、バウムクーヘン愛好家の僕としてはテンションがあがりました。

毎月最初の金曜日に催されるこの「ベロニカマジックナイト」も、はや丸2年。

気にはなってるけど、まだ一回も行ったことがないという方、まぁ騙されたと思って一回観に来てください。
気持ちよ〜く騙してさしあげますから♪
posted by マジシャンローズ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2011年03月01日

マジックバー「心水」OPEN!

415-1.jpg

北新地にまた新たなマジックバーがオープンしました!(→HPはこちら)

「BAR心水」。そう、昨年末までone-o-sixでチーフを務めていた心水さんのお店です。

このブログでも何度か書いてますが、僕がマジックを始めるきっかけになったのがこの心水さん。当時、伊丹に構えていた心水さんのバーにたまたま入ったのが運命の出逢いでした。(→関連記事)

15年間続けた店をたたみ、一度はマジックから身を引いた時もありました。しばしの沈黙をはさみ、大阪に出てきてからはリチャードシブヤさんのお店「ミストフェリーズ」や「one-o-six」で経験豊かな辣腕を振るってこられました。

そして今、約3年ぶりに、今度は北新地でふたたびオーナーとして動き始めたのです。

マジック関係者で一番付き合いが古い人の、再、再、再出発。

人の縁というのは不思議なものです。
3年前の記事で、僕はこの日をすでに予感していたのかもしれません。

久しぶりに流れるようなカップ&ボール、また見せてもらいに行きます。
posted by マジシャンローズ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック