2010年05月30日

エンタの神様たちと

346-1.jpg

346-2.jpg

客船クルーズの夜は、いろんなエンターテイメントが目白押しの贅沢な時間である。
今回は僕(マジック)のほかに、落語家、歌手+バンド、クラシックの方々が乗っておられた。

たっぷり魅せる夜のメインショータイムとは別に、帰港の朝、閉会フィナーレ式典の中で、それぞれ3分ほどで締めくくりのあいさつ程度、ちょろっとだけ披露する場面があった。

僕はもちろんマジックをひとネタ演じたのだが、この3分という短い時間に、プロというものの真髄を見た気がした。

自分のことはさて置くが、彼らはこの3分間で、自分の魅力を余すところなく伝え切っているのだ。

噺家ならではの饒舌な語り口調を。
ソプラノの澄んだ美声やテノールの迫力ある声量を。
ピアノやギターの響き、楽器のリズム、ホールの屋根を突き破るような歌声を。

たった3分間でも、演者の力量・レベルはハッキリと分かる。お客さんの反応を見れば、もちろん皆、本物だということが納得できた。

翻って、僕らマジシャンは、テーブルホッピングなどの仕事で、1卓を3分で回らなければならないことがある。
それを、「3分では自分の力を示せない」「マジックのおもしろさを伝えきれない」という人がいる。

それじゃあ、ダメなんだ。

その限られた時間ですべてを出し尽くし、伝えることができるのがプロなんだとつくづく知った。
3分間で観客の心をつかめなければ、30分やっても1時間のショーを演じても、やっぱりダメなのである。

大げさに言えば、その3分で30分に匹敵するような集中力をもって挑まなければプロではないのである。

・・・いや、だからと言って3分で30分のギャラを要求しようってわけではないですよ。念のため。
posted by マジシャンローズ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2010年05月26日

屋久杉が呼んでいる・・・

342-1.jpg

またもや屋久島へ行ってきまする。

日本有数の降雨地帯であるこの島に、過去3回快晴をもたらした僕ですが、さすがにそろそろ降るでしょう。

最近、「パワースポット」なる言葉を雑誌などでよく見かけますが、こういう所に行くと、なにか不思議なエネルギーみたいなものを得られるんでしょうか。

やっぱり「地球のみんな、オラにチカラを分けてくれ」って感じなんですかね。

よーし、オラなんだかワクワクしてきたぞ♪
がんばって聖なる大地のパワーをいっぱいに浴びてきます。

でも雨が降ったら船の中でニンテンドーDSしてると思います。

posted by マジシャンローズ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2010年05月17日

ナンパされました

344-1.jpg

駅前でナンパされました。いわゆる「逆ナン」です。
相手は・・・50歳はゆうに過ぎているオバちゃんでした(涙)

「兄ちゃん、飲みにいこうや」

一瞬、目が点。
「なぁ、付き合うてぇな。頼むわ」としつこく迫ってくるので、もう愛想笑いを作ってその場を去るのがやっとでした。

その声には、軽いお誘いというよりは、助けを求める悲痛な叫びのような重苦しさがありました。

逃げた後も、どこかの都市伝説みたいに、肘だけでスタスタスタと猛スピードで追いかけてくるんじゃないかとか、振り返るのが恐ろしかったです。

よく若い女性が、ナンパをされて「ムカツク」「キモイ」「怖かった」などと言うのを聞きますが、チョビっとだけ理解できました。

あのままついて行ったらどうなってたんだろう・・・。
でもなんだか寂しそうだったな。人恋しオーラを充満させてたな。「都会の孤独」という社会の病巣を見たような気がしなくもない。

もうちょっと若くて、黒木瞳みたいだったらついて行ったのに。え?
posted by マジシャンローズ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2010年05月08日

雨、雨、ふれふれもっと降れ〜

343-1.jpg

目が覚めると、朝の9時。
カーテンを開けると静かに雨が降っていた。

(ようし、いいぞ)

今日は夕方から屋上ビアガーデン会場で仕事が入っていたが、雨が降れば中止、その決定は午後3時の時点で降っているか否かで確定する。

(中止になってくれ)

そう願うのは、雨天中止になってもギャラだけは支払われるおいしい取り決めが交わされていたことと、ぜひとも行きたい用事があったからで、もしこのまま降り続ければギャラは入るわ、用事はこなせるわ、ホクホクの一石二鳥なのである。

昼になった。決定まであと3時間。いまだ空は薄暗い。
ネットやニュースで気象情報を何度も見て、夕方までは降るはずだと自分に言い聞かせる。

僕の不埒な期待を知っている何人かからメールが来た。
「雨だねぇ〜」「降り続けるように呪文を唱えとく」「午後には晴れるで(笑)」

ああ、応援してくれている。地球のみんな、オラに少しだけチカラを分けてくれ。

午後2時。しとしとと降り続く雨に混じって、カァ、とカラスの鳴く声がする。
(カラスまで応援してくれているか。ん?まてよ。たしか鳥が鳴くと晴れるんじゃ・・・)

そして午後2時45分。ピタリと雨はやんだ。
その瞬間、すべての計画はガラガラと崩れ去ったのであった。
雲の間からのぞいた太陽のイジワルそうな表情が、忘れられない。

あ〜、やっぱり不労所得を期待しちゃダメですねっ♪
マジメに汗水流してお金を稼がないとねぇ。
posted by マジシャンローズ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック

2010年05月06日

顔認識機能ガ 搭載サレテイマセン

341-1.jpg

とにかく人の顔が覚えられません。ほとんどビョーキです。
そのため、たくさんの人にご無礼をしてきました。(→別記事参照

たとえばこんな症例。

●仕事の現場に行って、まず会場で担当の人とあいさつをする。
そして控え室に入り、しばらくしてから打ち合わせをしに会場に戻ると、「あれ?さっきしゃべってた人どの人だっけ?」となる。

●マジックバーでマジックをし終わった後、お客さんが席を移動すると、もうさっき見せた人なのかどうか分からない。とくにスーツ姿の中年男性は皆同じに見える。

●ステージショーでお客さんを舞台に上げてマジックを手伝ってもらう。
帰り際、「ステージに上げてもらった」と喜ぶお客さんに「ん?この人上げたっけ?」などと思う。


とにかく1回会っただけの人は2、3日中にすっかり忘れます。
悪気はないんです。映画を観てても、「おや?この人さっき死んだんじゃなかったっけ?」などと混乱してストーリーが分からなくなったりします。

極め付けだったのは、

●ある人と、バーのカウンターで隣に座って2時間一緒にしゃべっていた。1ヵ月後、別のマジックバーに来てくれたが、何の疑いもなく「初めてですか?」と聞いてしまった。

相手の名前や顔を忘れるというのは大変失礼だとは分かっているのですが、どうにも覚えられない。
そこで最近は、もらった名刺にその人の特徴を書いて、少しでも思い出せるように工夫している。読み返してみると、

「メタボ、変なメガネ、ダミ声」とか
「40代女性、ぽっちゃり、上沼恵美子似」とか
「やたら歩くの速い、ヒステリック」とか

それはそれでけっこう失礼なのである。
posted by マジシャンローズ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2010年05月02日

ピエ本

340-1.jpg

340-2.jpg

なんやかんやで活躍しております、われらがムッシュピエール兄貴。

今度は本を出版です。というかもう出てます。
「ムッシュ・ピエールの 教室ふしぎ遊び28」というタイトルでフォーラムAさんから発行されております。

一般書籍ではなく、学習参考書扱いらしいので、ジュンク堂とか大きな本屋さんにしか置いてないみたいです。
ちなみに東梅田の地下、「清風堂書店」には必ずあるそうです。

皆さん、どうぞ買ってあげてください。
夢の印税生活をもくろむ兄貴の為に。

posted by マジシャンローズ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック